2010年03月23日

<布川事件>検察、改めて有罪立証方針 再審公判の事前協議(毎日新聞)

 茨城県利根町布川(ふかわ)で67年に男性が殺害された布川事件で、再審公判の進め方を話し合う3者協議が19日、水戸地裁土浦支部(伊藤茂夫裁判長)であった。無期懲役が確定し、服役後に仮釈放された桜井昌司さん(63)と杉山卓男さん(63)について、検察側は改めて有罪立証する方針を示した。弁護側は早期の無罪判決を求めた。

 協議後に会見した弁護団によると、検察側は再審で、被害者の口に詰められるなどしていたパンツ2枚のDNA鑑定を実施する。また、弁護側の請求に応じ、検察側は目撃者の捜査報告書やメモなど7点の証拠を開示した。桜井さんと杉山さんも協議に出席した。

 桜井さんは「(取り調べの際に)証拠としてパンツを見せられた記憶があるが、触らなかった」と強調。杉山さんは「DNA鑑定と聞いて拍子抜けした」と話した。【原田啓之】

【関連ニュース】
この人に聞きたい:東葛総合法律事務所代表弁護士、蒲田孝代さん /千葉
富山・強姦冤罪事件:国賠訴訟 柳原さん、さらなる資料提出求める−−地裁 /富山
布川事件:三者打ち合わせの席で対応と検察−−申し入れ書に /茨城
足利事件:冤罪被害の無念さ強調 シンポで菅家さん /栃木
足利事件:取り調べ全面可視化を 冤罪の菅家さんが講演会−−日野 /滋賀

基礎から臨床への「橋渡し研究」強化を―文科省作業部会(医療介護CBニュース)
水俣病、和解案受け入れ=熊本地裁未認定訴訟で−政府(時事通信)
ライターの規制導入確実に=作業部会で業界同意−経産省(時事通信)
スカート内盗撮、道警警視に罰金30万円(読売新聞)
JR脱線で重傷の近大生卒業 長いリハビリ乗り越え 「人の役に」新たな一歩(産経新聞)
posted by ヌマクラ コウイチ at 17:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。