2010年05月28日

「あっという間」と野口さん=6月2日、宇宙基地から帰還(時事通信)

 国際宇宙ステーション(ISS)にドッキングしている米スペースシャトル「アトランティス」の離脱に先立ち、野口聡一さん(45)ら計12人の飛行士が23日夜、衛星通信回線を通じて記者会見した。約5カ月間にわたる長期滞在について、野口さんは「あっという間だった。できればあと2、3カ月いてもいいかなと思う」と話した。野口さんは、6月2日にロシアのソユーズ宇宙船で帰還する。
 滞在中、最も印象に残ったのは、日本実験棟「きぼう」の小型ロボットアームを組み立て、起動したことという。「きぼうの基本的な機能の完成に立ち会えたことが一番うれしい」と話した。
 野口さんはまた、忙しい科学実験の合間に、世界各地の写真を撮影して簡易ブログ「ツイッター」に掲載し、約24万人もの読者を獲得。米国の記者から「宇宙ツイッター王」と呼ばれた。野口さんは「ここまで世界中の人に共感してもらえるとは思っていなかった。地球は僕たちが知らない美しさを見せてくれる」と語った。
 帰還したら、「ゆっくり家族と一緒に温かいご飯をおはしで食べたい」という。
 記者会見後、シャトル乗員らはお別れのあいさつをし、ISSを退去した。 

【関連ニュース】
〔特集〕日本人宇宙飛行士の軌跡
〔写真特集〕金星探査機「あかつき」
〔写真特集〕国際宇宙ステーション
〔写真特集〕宇宙の神秘 コズミックフォト
あかつき、地球にさよなら=搭載カメラ画像を公開

電波発信、機能を確認=鹿児島大、創価大の衛星(時事通信)
学生数の公開義務付け=大学・短大に、来年から―文科省(時事通信)
<月の探査計画>5年後にロボットで着手 政府懇談会(毎日新聞)
あかつき打ち上げ 地球の姉妹星探る 大気成分、風向きなど明らかに(産経新聞)
両国でも暴力団観戦…初場所で警視庁確認(読売新聞)
posted by ヌマクラ コウイチ at 23:58| Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月26日

N700系さくら、800系つばめ…8月に最初で最後の九州新幹線見学会(産経新聞)

 JR九州は8月21、22の両日、熊本市富合町に建設中の「熊本総合車両基地」で、来春に全線開業する九州新幹線の車両N700系「さくら」、新800系「つばめ」の見学会を開催する。開業前としては、最初で最後の見学会になるという。

 新大阪−鹿児島中央を直通運転する「さくら」は8両2編成、九州内を走る「つばめ」は6両1編成が用意され、客室内も見学できる。JR九州の唐池恒二社長は「内装・外装とも工夫を凝らしたさくらと、和の香り漂う車両となったつばめを公開するのは、おそらく最初で最後になると思う」と語った。

 また、新幹線の全般的な検査を行う熊本総合車両基地(約20万平方メートル)の敷地内も見学できる。

 見学会は21日午後1時半〜同5時半と、22日午前9時半〜午後4時半。募集人員は計6千人。応募多数の場合は抽選。申し込みは、はがき(〒162−8691 郵便事業株式会社新宿区牛込支店 私書箱11号 熊本総合車両基地一般公開事務局宛)かインターネット(http://www.jrkyushu.co.jp/kichikengaku/)で。

 締め切りは6月13日。問い合わせはJR九州販売1課((電)092・474・0278)へ

【関連記事】
JR九州社長「新幹線全通後に特急廃止、快速増は困難」
北陸新幹線関係都市 早期全線整備を決議
一足先に「さくら」に乗ろう JR九州、8月に熊本で車両公開
北陸新幹線延伸「在来線共存の課題、解決が前提」 前原国交相
新幹線 丸ごと導入は「NO」 ラフード米運輸長官 ブログで公言
中国が優等生路線に?

両陛下が神奈川県へ 全国植樹祭にご出席(産経新聞)
<口蹄疫>義援金名目で寄付要求 詐欺未遂で宮崎県警捜査(毎日新聞)
普天間移設「最低でも県外」ほご 首相の無責任発言端緒「自らがまいた種…」(産経新聞)
<淀川女性遺体>宇野さんの養父?自殺 京都・舞鶴の路上(毎日新聞)
遺体女性と接点確認されず=時計質入れの男―福岡県警(時事通信)
posted by ヌマクラ コウイチ at 20:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月18日

自民・青木前参院議員会長、参院選に出馬せず 脳梗塞、引退か (産経新聞)

 自民党の青木幹雄前参院議員会長(75)が体調不良を理由に夏の参院選島根選挙区(改選数1)に出馬しないことが15日、分かった 同日午後、細田博之元幹事長ら党県連幹部が松江市内で記者会見して明らかにした。

 関係者らによると、青木氏は13日夕、同県雲南市内で開いた集会中に体調不良を訴えて出雲市内の病院に入院。病名は脳梗塞(こうそく)という。青木氏は「迷惑をかけて申し訳ない。残念だけど(選挙は)無理だ」と話しているといい、今期限りで政界を引退するとみられる。

 15日午前、松江市内で開かれた後援会の会合で後援会長の細田氏が経過報告し、「早急に候補者の後任を決めたい」と話した。このあと細田氏らが記者会見を開き、「後任候補者選びについては党本部は県連に一任された。(公示まで)時間があまりないが、勝てる候補者を第一条件に選ぶ」と話した。党関係者によると、後任には長男で同氏秘書の一彦氏(49)を推す動きもある。

 青木氏は故竹下登元首相の秘書を経て、昭和61年に参院選島根選挙区で初当選、官房長官や参院議員会長などを歴任した。今年1月に5選を目指し、同選挙区候補に公認された。

 同選挙区にはこれまでに、いずれも新人で民主党の岩田浩岳氏(34)、共産党の石飛育久氏(31)、みんなの党の桜内朋雄氏(40)が出馬表明している。

【関連記事】
政界に驚き 大島氏「青木氏の報告待つ」、輿石氏「残念だが体調では…」
青木氏後継、細田氏「勝てる候補を早急に」
舛添氏「青木氏の権力の源泉はポスト配分」
小沢氏会見要旨「青木氏の時代的役割は終わった」
参院選比例の70歳定年制「ルールは守るべき」 舛添前厚労相

小沢氏、再聴取 政治とカネ幕引き狙う(産経新聞)
医師・看護師とも「充足」の病院は87.5%―厚労省調べ(医療介護CBニュース)
偽1万円札でパンと飲料水、82歳男逮捕(読売新聞)
虚偽申請で訪問介護事業所の指定取り消し―岐阜(医療介護CBニュース)
長野の小学生が伝統工芸に挑戦(産経新聞)
posted by ヌマクラ コウイチ at 09:50| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。